理想的な収納の状態を考えたときに、特に何も考えていなくても自然とあるべき場所にしまわれる状態、例えばコートはコート掛けに、使用後の傘は傘立てになど、どこにしまおうと悩むことがなく、自然と物がしまわれていく状態、もしくは定位置にしまわれる習慣がついている状態でしょう。

 

家の中にあるすべての物がそれぞれの定位置に自然としまわれていく状態であれば、片付けなければならないという心理状態にはならず、ストレスもかなり軽減されている事でしょう。

そして、意識的に片付けなければいけない部屋ではなく、無理なく片付く部屋になっていくことと思います。

例えば、書類関係は専用のファイルやトレイを用意したり、使用頻度の高い文房具はテーブルから手を伸ばして取り出せる範囲に。また書類ファイルの横に配置するなどの工夫があってもいいかもしれません。

 

トランクルーム

また、無理なく片付く部屋といえど、なかなか定位置を決めることが難しい物も出てくるかと思います。

そういった場合は、収納の一時避難場所を作ってあげるといいでしょう。
行き場のなくなってしまったものや収納に迷ってしまったものはいったんここにしまうと決めてしまえば家に新しく入ってきたものの部屋の片隅に投げ散らかしたり、放置されてしまう心配もなくなります。

ここで注意するべきことは、あくまでも一時避難場所であって、定位置にしてしまわないことが大切です。
定位置にしてしまう事で、またどんどん新たな定位置を簡単に増やしてしまう癖がついてしまい、物に溢れた片付かない部屋に逆戻りしてしまいます。

そうなってしまう前に収納の見直しを行い、処分してしまうものを見つけるなどの対策を行う必要があるかと思います。

 

そして大がかりとなるなのが、持ち物に対して明らかに収納スペースが足りていないというケースでしょう。

解決法は、主に2つ。

1つは収納スペースの使い方を見直すこと。
デッドスペースなどを有効利用したり、片付け方の見直しを図ったりで、案外収納量を増やせるかもしれません。

もう1つは収納スペース自体を増やすこと。
例えば収納家具を購入したり、トランクルームの利用を考えたりなどです。