しまう事が習慣になる収納を

必要なものが簡単に出すことができなければ、使うことをやめてしまう人は多いかと思います。
また、出して使ったまではいいものの、しまいにくい環境であるがために出しっぱなしにしてしまう人も多いと思います。

それぞれの家の間取りや広さなどは違いますから、決まった収納というのは存在しないかと思います。

 

そして、こまめに片付けるように性格を変えるのではなく、簡単に出し入れができる環境を作ることで大きく変わるかと思います。

朝目覚めて前日に使ったカップなどがテーブルの上に出しっぱなしになっている光景を想像してみてください。

せっかくのさわやかな朝に前の日の残骸が残ってしまっていては台無しになってしまいます。

テーブルの周りを片付けることはほんの数分で終わってしまう事かと思います。
そのままで翌日を迎えて面倒だなぁと思ってしまうよりは、翌日にきれいな空間で朝を迎えるために片付けるようにしたいものです。

そのために、いかに簡単に片付けるか、片付けることが習慣になるような収納を意識してみましょう。

 

寝てしまおうという状況の中で、テーブル上のものの定位置が離れた位置にあったり、あちこち色々な場所に分かれていると、非常に手間かかかってしまい、明日でいいやって先延ばしにしがちになってしまうかと思います。

さらに、朝の目覚めに散らかった光景を目にすると気分も悪くなりますし、人によっては片づけがさらに面倒になる悪循環にはまってしまうのではないでしょうか?

 

もし、簡単に片付けられるような収納の状態になっていないのであれば、収納自体を根本から見直してみる必要があるかと思います。

そこからしまう習慣がつけることができると、日常に大きな変化が出てくるかと思います。