意志を持って処分をする

家の中がすでにものに溢れ収集がつかない状態になってしまっている場合には、いらない物、使わない物を処分する作業が一番最初に必要になってくるかと思います。

しかし、物が多い方やいらない物をたくさん持っている人は同時にもったいないなどということで捨てる事、処分することも苦手な人が多いように感じています。

当然ながら、物は使うためにあるのです。その使うための物が使われずに放置され収納スペースを圧迫し他の使われるべきものまで出し入れしにくい状態にしてしまっていないでしょうか?処分がもったいないのではなく、この使われていないこと自体がもったいない状況ではないでしょうか。

 

しかし、どうしても捨てたくないという物も中にはあるでしょう。そういった場合には、別の入れ物を用意して一定期間寝かせてみるのもいいかもしれません。
そうすることで本当に必要だったのか、実際にそこから出すことがなかったのなら必要ない物と判断してもいいかもしれません。

また、その物が盗まれたときや壊れてしまったときなど、何らかの不可抗力で使えない、なくなってしまった時のことを想像してみるといいかもしれません。

処分ができるものするべきものはしっかりと意志を持って選別していくとよいかと思います。

 

そして、選別ができたら収納を改善していきましょう。
収納は改善ができた段階で終了にしてはいけないかと思います。実際に使ってみて本当に使いやすかったのか、そうでなかったら更なる改善をすることによってもっと使いやすい収納が実現できるかもしれません、大げさに聞こえますが、一度大規模な改善をすれば後は小規模な改善で済むでしょう。
そして、何より改善し快適になった収納を継続することが最も大事なことといえるかと思います。