食器類の効果的な収納

2018年9月9日 admin 0 Comments

食器が好きな方はとても多いと思います。
日常の食卓で使用するお気に入りの物や、来客用の物、特別な時に使う物など時と場合に応じて使うものが分けられているかと思います。

 

また、食器棚は奥行きのあるものが多いですし、家族が出し入れをすることもおおいでしょう。

だからこそあれもこれもといったような収納をするのではなく、家族にもわかりやすく出し入れのしやすい収納をめざした方がいいでしょう。

 

毎日使うような特に使用頻度の高い食器類は食器棚にしまわずにシンク上に吊り下げ式のラックを取り付けておいてもよいかと思います。また、仕切り棚を置き段差を付けると収納可能な食器も増えますので、便利になります。

特に使用頻度の少ない食器に関しては、食器棚の上の部分を使うなど使用頻度に応じた工夫も必要かと思います。

冷蔵庫をはじめとした食品類の保存の際に重要なのは決まった場所をしっかり作るという事です。
定位置を作るということは他の物を収納する際でも大事なことですが、日々違うものが出入りしていくことが非常に多いところですので、決まった位置に収納するということは特に重要な要素になっていくかと思います。

 

家族全員が自由に使う場所でもありますので、日々のチェックも必要になります。この部分を怠ってしまうと、ストックの管理も難しくなってしまったり、奥の方から賞味期限が切れたものが出てきてしまったりなど、不都合がたくさん出てきてしまいます。

そのためには、トレイを使って種類別に分けるのがいいかと思います。
例えば、ドレッシング類や食卓で使う調味料や納豆などのご飯のお供系などとトレイに分けてラベリングをしておくと見やすくストックの管理にも便利になります。

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です